35歳からの大人デザイン雑貨店 

TEL06-4703-3603 お問合せtoshipaku50@nifty.com

 

2017/06/12 18:49



みなさんこんにちわ!!
森田です。


梅雨に入って雨が急に降ったと思ったら急に思いっきり晴れたりと毎年傘を持って出かけるか
やめておくか悩ましいシーズンですね。
そんな急な天気の変化へっちゃらな折り畳み傘をご紹介します。

まずは、上の写真の傘
自動開閉の晴れ雨兼用日傘です。

<特徴>

・ワンタッチで傘の開閉ができます。


・超撥水加工で水滴をしっかり弾きます。


・約200gと同じクラスと比べてもとても軽いです。


・UVカット率90%以上


<ワンタッチで傘の開閉ができます。>


手動の傘で面倒なのは、雨が降っていて濡れるのが嫌なのに、傘を開閉するアクションが多いのが
面倒だと思わせるんですよね。

特に折りたたみ傘はそのアクションが携帯に便利な分多いのがネックでした。
それをこの傘は解消してます。

使い方も簡単。枝をひっぱると左右の矢印がでてきます。左の矢印を押せば開き、右矢印を押せば閉じます。
(すごい勢いで開閉するので、小さなお子様が使うことは不可としています。)

 

<超撥水加工で水滴をしっかり弾きます。>


超撥水加工とは簡単に言うと傘の生地の繊維1本1本にナノフッ素樹脂を吹き付ける事で雨の水滴を
玉に近い状態で弾く事をいいます。

だから、雨の粒を玉にして弾いてくれて傘の生地に雨が染み込んでべっとりということが少なくなります。
折りたたむ時も手が濡れることも少なくなるところが利点です。


 ・・・・こんな超撥水加工にも弱点が・・・

擦れに弱いんです。

折り畳み傘なので折りたたむ時は生地が擦れてしまって効果が少しずつ失ってしまうところです。
使い方にもよりますけど、2,3年程しか効果が持続しません。持続しなくなったら市販の防水スプレー
を傘の生地にスプレーしてもらうとOKです。

 

大雨に弱い

超撥水加工は生地の繊維1本1本にしているということは繊維と繊維に隙間があるわけです。
だから、大雨を受け続けるといくら超撥水とはいえ雨が繊維の隙間に水が浸入してきます。

 

<とても軽いです。>


折り畳みの自動開閉傘は意外と重いというのがあります。
雨の中傘をさすだけでも、結構体力を奪われるのに、傘が重かったらなおさらです。
 

けれどこの傘の軽さは約200gで例えていうと玉ねぎ大1個分の重さ
当店で扱っている折りたたみ(手動タイプ)傘の平均の重さは約180gなんです。
一般的な自動開閉折りたたみ傘は400g前後が多い中でこの軽さ。

ね!軽いでしょ!!

サイズは親骨50cmなのでちょっと小ぶりなサイズです。小ぶりですが高性能技術を
ギュッと濃縮した折りたたみ傘です。

この折りたたみ傘は本当におススメです。

ちなみにYahooショッピングでの口コミはこうでした。

・軽量、自動開閉、収納時に短い傘はほとんどなく、これはマッチしていました。
まだ、雨の日に使用できてないですが、出張時にも持ち運び安いです。

・ワンタッチで傘の開け閉め出来るのが便利です。
たたんだ後短く閉じるのが少し硬いので-1にしました。

・可愛いです。3本色違いで購入しました。早く使ってみたいです(笑)
・プレゼント用に購入しました。少し小さかったです。強い風では心配です。

 マイナス要素もありますが、私は折り畳み傘をこの傘に変えます。
やっぱり軽くて自動開閉でパシュって広げてシュパっと閉じれるのが便利ですもん。



(カラーは全六色です。)
この傘の良さは使った人にしか分かりません。
当店では無条件返品保証も行っていますので、お気軽にお試ししていただければ嬉しいです。

今回も最後までお読み頂きありがとうございます。

 

  • Home
  • About
  • Blog